井上の過去編 その②

それにしてもよくスタ沈していました。

特にその頃のスクールって「ハングで飛んでいるんだから貴方も飛べるでしょ」的なほったらかし状態だったのと、実際に私もそう甘く思ってました。

なんでちゃんと出られる時とスタ沈する時があるのか?

その違いがわからなかったのです。

一体何が違うの??ハンググライダーはアルミパイプとセール(生地)で翼を組み立ててそれでテイクオフ(飛び出して)いくのに対してパラグライダーはライン(翼を形成する細いロープみたいな物)とキャノピー(生地)を風を使ったり自分で形成してからテイクオフ(飛び出して)いくので翼を作らないとそもそも乗せてくれるわけがない。

だから、「とにかく走ればいい」という事ではないのだな。とやっとこ気がつくのです。

さすがに毎回 「うおぉ~~~~!!」 って叫んで笑われるは辛い。 そろそろ卒業したいぞ。

そうなんです。ここがポイントなんです。 まずはパラグライダーの翼を作らないといけないのです。「えい!やっ!!」って何となく作っていてはダメなのです。布と紐、キャノピーとラインで まずはしっかりと翼を作って大人しくなってもらわないといけない。

悩めるフライヤーの為のパラグライダークリニックへ戻る

タイトルとURLをコピーしました